SAVE THE CLASSICS FOR THE NEW ERA vol.3


12:00~ 江川良子(sax)×堀米綾(harp)

【江川良子】: Saxophone
東京藝術大学卒業、同大学院修了。ソロ、室内楽やオーケストラ、吹奏楽での活動の他、『清水靖晃&サキソフォネッツ』『Saxophone Quartet athena』『大友良英スペシャルビッグバンド』等様々なアンサンブルのメンバーとして、日本国内のみならずロシア、キューバ、インドネシア、香港、中国など海外でのコンサートや音楽祭への出演、CMやサウンドトラック、CDアルバムなどのレコーディングにも多数参加。また、ピアノやハープ、箏やアコーディオンなど様々な楽器とのデュオリサイタルを企画・プロデュースし、アレンジや委嘱作品を含めたサクソフォーンの新しいレパートリーの開拓にも力を注いでいる。これまでに、サクソフォーンを彦坂眞一郎、須川展也、冨岡和男、平野公崇の各氏に師事。洗足学園音楽大学講師。

http://ryokoegawa.com


【堀米綾】: ハープ
東京藝術大学卒業。2002年同声会新人賞受賞。クラシックを軸にしながらも様々なアーティストと共演を重ね、アンサンブル中でのハープの新たな可能性、在り方を追求している。「菊地成孔とペペトルメントアスカラール」「間を奏でる」「アンサンブル東風」等のメンバーとして、江川良子氏(サクソフォーン)や中井智弥氏(二十五絃箏)とのDUO、オーケストラ、ソロ等で国内外の公演に出演、複数のCDを発表している。収録分野での活動も多く、NHK大河ドラマ「八重の桜」映画「天気の子」「世界の車窓から」溝口肇氏(Vc)とのDuoVer.等の他、映画「翔んで埼玉」ではハープ奏者として出演。ハープを、桑島すみれ、木村茉莉、マリアグラツィア・コンソリ各氏に師事。



13:00~ 石若駿(dr)×松丸契(sax)

【石若駿】 : 打楽器奏者
1992年北海道生まれ。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校打楽器専攻を経て、同大学を卒業。卒業時にアカンサス音楽賞、同声会賞を受賞。リーダープロジェクトとしてAnswer to Remember,SMTK,Songbook Trioを率いる傍ら、くるり、CRCK/LCKS、Kid Fresino、君島大空、Millennium Paradeなど数多くのライブ、作品に参加。また近年の活動として、山口情報芸術センター[YCAM ]にて、音と響きによって記憶を喚起させることをテーマに、細井美裕+石若駿+YCAM新作コンサートピース「Sound Mine」を発表。アッセンブリッジ・ナゴヤにて、旧・名古屋税関港寮全体をステージとした回遊型パフォーマンス「石若駿×浅井信好ライブセッション」を行う。自身のソロ演奏が、山本製作所100周年記念モデル「OU-オウ」CM、フィガロジャポン新連載 山田智和監督「虹の刻 第15章」のオンラインスペシャルムービー、映画「建築と時間と妹島和世」の音楽を手掛けるなど活動は多岐に渡る。

【松丸契】: サックス奏者
1995年生まれ。パプアニューギニア出身。2014年秋に全額奨学金でバークリー音楽大学に入学、2018年夏に首席で卒業。2017年度ヤマハ音楽奨学生に選ばれ、2018年に第47回Downbeat Competitionで自身のトリオ・オリジナル曲で全米1位を獲得するなど権威ある賞を多数受賞。2019年9月にデビューアルバム「THINKKAISM」をリリース。ドラマー石若駿率いるバンド「SMTK」では2019年に東京ジャズフェスティバルやTOKYO LAB等の企画に参加し、2020年の春に1st EPと1stアルバムを続けて発表。2020年11月に自身のカルテットでの新作「Nothing Unspoken Under the Sun」をリリース。ジャンルを問わず現在都内を中心に様々な場で活動中。



14:00~ 吉森信(pf)

【吉森信】 : ピアニスト、作曲、編曲家
広島県出身、ジャンルを問わず数々のバンド、セッションに参加。アニメーションや映画等、数々のサウンドトラックを手がけたりしながら、現在もソロピアノを中心に、即興演奏なども含めて様々な音楽家と共演中。

https://yoshimorimakoto.com/




15:00~ 八木美知依(箏)×須川崇志(cello) ×石若駿(dr)

【八木美知依】 : 箏、21絃箏、17絃箏、エレクトロニクス、歌
邦楽はもちろん前衛ジャズや現代音楽からロックまで幅広く活動するハイパー箏(こと)奏者。NHK邦楽技能者育成会卒業後、ウェスリアン大学客員教授として渡米中、ジョン・ケージ、ジョン・ゾーンらに影響を受け、『Shizuku』、『ゆらる』、『Seventeen』、『森の中へ』などのCDをリリース。数々の音楽フェスティヴァルに出演し、世界中の優れた即興家と共演を続けるかたわら、柴崎コウ、浜崎あゆみ、アンジェラ・アキらJ-POPアーティストのステージや録音にも参加。ラヴィ・シャンカールやパコ・デ・ルシアらと並んで英ワールドミュージック誌 Songlines の《世界の最も優れた演奏家50人》に選ばれている。

michiyo-yagi.cocolog-nifty.com
michiyoyagi.com


【須川崇志】 : cello
群馬県伊勢崎市出身。11歳の頃にチェロを弾き始め、18歳でジャズベースを始める。20歳で渡米し2009年に帰国後、辛島文雄トリオを経て日野皓正バンドのベーシストを6年間務める。現在は本田珠也トリオ、八木美知依トリオ他多くのグループに参加。 岡本太郎記念館の企画展「日本の原影」のためのソロ楽曲制作や、俳優の金子あいの舞台「平家物語」に即興演奏で参加。また2018年にデビューアルバム作品「Outgrowing」(レオ・ジェノヴェーゼ (p), トム・レイニー (ds))を、2020年にリーダー作品2作目「Time Remembered」(林正樹 (p), 石若駿 (ds))をリリースしている。



16:00~ 大柴拓(gt)×林正樹(pf)

【大柴 拓】 : ギタリスト、作曲家、グラフィックデザイナー
東京音楽大学(クラシックギター専攻)卒業。大柴拓カルテット、Ensemble para furores ほか常に多数の主宰企画を抱え、これまでに計4枚のリーダーCDを発売。近年は音楽以外との共演にも力を入れ、2020年2月に演奏・ダンス・朗読・芝居・アニメーションを融合させた10人編成の音楽劇「ゆめくい」を主催(作曲・映像・脚本・演出等製作すべてを担当)。2020年春からは音楽つきアニメーション「ミニ音楽劇」連作をYoutubeで公開中。また2020年1月に自身2度目となるデザイン個展を開催する等、音楽だけに留まらない斬新な活動が注目されている。

[公式サイト] https://taku-oshiba.com




17:00~ マレー飛鳥(vln)

【マレー飛鳥】 : vln
4歳からViolin, Piano,作曲を始める。抽象画家である母のスケッチ旅行に同行、自然の中でviolin を好きに弾いて育った。9歳よりジュニアオーケストラに在籍、東京芸大付属音楽高校&東京藝術大学にて学ぶ。高校在学中よりバンド活動を始める。飛鳥ストリングス主宰、アジア擦弦楽団など国際的な活動に幅を広げ、演劇&CM音楽、アーチストへの楽曲提供、日亜混合バンドGaia Cuatroでは2003年より年2回のヨーロッパツアー、2011年から「本・つながる・未来」継続イベント。一方、家庭菜園&Wudang太極拳で心身を整え、プロとして潜在意識のクリアリングも行う。 アルバム28枚。現在の主な継続プロジェクトは、duo with林正樹, 北村聡, Pheeroan Aska project” “A-Un” ‘Gaia Cuatro”

http://www.askaviolin.com




18:00~Saigenji(vo,gt)

【Saigenji】 : vo,gt
沖縄、香港、東京育ちのミュージシャン。幼少期から培った南米音楽をベースにあらゆる音楽をミックスして吐き出すシンガーソングライター、ギタリスト、ヴォーカルパフォーマー、インプロヴァイザー。これまでにベスト盤を含む10枚以上のオリジナルフルアルバムを発表。海外公演も多く、またフジロックなど国内ロックフェスの常連でもある。3期連続でJ-waveサウジ・サウダージopテーマに自作曲を提供、映画サントラ、CMの仕事も多数。最新作は初のオフィシャルライブ盤"Compass for the future"



19:00~sizuka chan :サキタハヂメ(ノコギリ)×林正樹(pf)

【Sizuka chan】
ノコギリ奏者サキタハヂメとピアニスト林正樹による「静」をテーマにしたデュオプロジェクト「Shizuka chan」

shizuka chan【静かちゃん】
静かな音楽をちゃんと届けたい。①草木が水を吸い上げる音のような「静」②心に染む「静」 ③耳をそっと傾ける「静」 ④胸騒ぎがする「静」 ⑤言葉と言葉の間にある「静」
心地よいさまざまなQuietを2人が奏でます。

【サキタハヂメ】 : 作曲家、 ミュージカルソー(のこぎり)奏者
世界初の「のこぎり協奏曲」を作編曲し各地のオーケストラで演奏。国内外で精力的に演奏活動。NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」、NHK Eテレ「シャキーン!」、日本テレビ「フランケンシュタインの恋」「妖怪人間ベム」「ど根性ガエル」、WOWOW「宮沢賢治の食卓」、NHK木曜時代劇「銀二貫」、NHK BSプレミアム「黒蜥蜴-BLACK LIZARD-」等のドラマ、CM、ミュージカル、演劇公演などに楽曲提供多数。平成16年大阪市「咲くやこの花賞」、平成23年「文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞(芸術振興部門)」受賞。「奥河内音絵巻」「山を鳴らす」等、既存の音楽家の枠を超えた規模での音楽表現を模索し発信し続けているアーティスト。



20:00~佐藤允彦(pf)×坂井紅介(cb)

【佐藤允彦】 : ピアニスト、作・編曲家
1941年 東京生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。 1966~68年 米国バークリー音楽 院で作編曲を学ぶ。 1969年 初リーダー・アルバム『Palladium』でスイングジャーナル誌「日本 ジャズ賞」。ビッグバンドのための『四つのジャズコンポジション』(1970 年)、『邪馬台賦』(1972 年)で二度の芸術祭優秀賞。 その他リーダー・アルバム多数。 作曲家としてテレビドラマ、映画、CM に楽曲提供。 編曲家としてナンシー・ウィルソン、アート・ファーマーなど様々なアーティ   ストのレコーディングスコアを担当。 1981~2020年 ミュージックカレッジ MESAR HAUSの音楽理論・作編曲・ピアノ部門主幹講師。 1997年 自己プロデュース・レーベル『BAJ Records』創設。 1993年 自由即興ワークショップ【RANDOOGA】開始。 2009~2011年 東京藝術大学に講座【Non-idiomatic Improvisation】を開く。

【坂井紅介】 : contrabass
ハンク・ジョーンズ、ジョー・ヘンダーソン、ヘレン・メリル、ミッシェル・ルグラン、エグベルト・ジスモンチ、スティーブ・ガッド、日野元彦、など世界のジャズ界をリードするミュージシャンと共演。幅広い音楽性で多くのアーティストに招かれ、国内外のユニットに参加。演奏の場は米国や欧州だけでなく、アジア、アフリカにも及ぶ。自己のグループで1993年より名古屋芸術創造センター、2000年にカザルスホールにおいてコンサート。作曲にも才を発揮し、映画、テレビ、舞踏、アーティストのCDに作編曲を提供するなど、活動範囲は広い。1997年5月、全曲オリジナルのリーダーアルバム「TRIPトリップ」をリリース。現在、自己のグループCONTRASTEやFUSE、山下洋輔、村上ポンタ秀一、伊藤君子などと共演している。



21:00~福盛進也(dr)Another Story

【福盛進也】 : dr
2018年に、日本人で二人目のECMアーティストとしてデビューを果たした福盛進也。その福盛が新たなレーベル”nagalu”を立ち上げ、セカンドアルバム『Another Story』を発表。アルバムに参加した北村聡(bandoneon)、藤本一馬(guitar)、林正樹(piano)、西嶋徹(bass)が集結し、共に”nagalu”の音世界を進化させる。”日本にしかない風景”と”西洋音楽としてのジャズ”が溶け合い、福盛が18歳の頃から思い描いていた「音」の完成形が遂に実現。ECMサウンドの先に見据えていた真のアジア発信のジャズが初声をあげる。



【林正樹】 : ピアニスト、作曲家
自作曲を中心とするソロでの演奏や、生音でのアンサンブルをコンセプトとした「間を奏でる」などのプロジェクトの他に、小野リサ、渡辺貞夫、菊地成孔、マレー飛鳥、徳澤青弦、藤本一馬、akikoなど様々な音楽家とアコースティックな演奏活動を行なっている。多種多様な音楽的要素を内包した、独自の諧謔を孕んだ静的なソングライティングと繊細な演奏が高次で融合するスタイルは、国内外で高い評価を獲得している。三宅純、椎名林檎をはじめ多岐に渡るアーティストのスタジオワークにも数多く参加。2021年2月公開予定の映画「すばらしき世界」(監督:西川美和、主演:役所広司)の音楽を担当。