artist

萩原健太/佐橋佳幸

<萩原健太>


1956年2月10日生まれ。
1978年3月 早稲田大学法学部卒業。同年4月 早川書房入社。
1981年6月 早川書房退社。その後、音楽評論家/DJ/プロデューサーとして活動。

【主なプロデュース作品】

米米クラブ『Go Funk』『5 2/1』『米米クラブ』/鈴木雅之『Funky Flag』/
五木ひろし『五木』/憂歌団『知ってるかい!?』/山崎まさよし『Home』/
FREEBO『Smoking Blues』『Blue Moon』等

【コンサート演出】

B.B. King & His Sons/米米クラブ/ビンゴボンゴ 等

【執筆誌】

朝日新聞、ミュージックマガジン、レコード・コレクターズ、ギター・マガジン等

【その他】

早見優、CCB、相原勇、光岡ディオン、渡辺満里奈 等の作曲も手がける。
レコード大賞審査員。文化庁・芸術祭執行委員。芸術選奨推薦委員。

【ラジオ】

『萩原健太のMusic SMiLE』(JRN系)等

【過去の主な出演番組】

日本テレビ『誰も知らない泣ける歌』/TBS『いかすバンド天国』/NHK-FM『ポップス・グラフィティ』/
スペースシャワーTV『Yo-Ho』/TBSラジオ『ストリーム』/StarDigio『月刊・萩原健太』/
NHK『熱血おやじバトル』/テレビ朝日『タモリ倶楽部』等

【著書】

『80年代 日本のポップス・クロニクル』(エレキングブックス)/
『50年目のスマイル』(エレキングブックス)/
『ボブ・ディランは何を歌ってきたのか』(エレキングブックス)/
『ザ・ビーチ・ボーイズ・ディスク・ガイド』(ミュージック・マガジン)/
『ロック・ギタリスト伝説』(アスキー新書)/『ポップス・イン・ジャパン』(新潮文庫)/
『はっぴいえんど伝説』文庫版(シンコー・ミュージック)等多数

https://kenta45rpm.com



<佐橋佳幸>

1961年9月7日・生/乙女座/A型/東京都目黒区出身。
70年代初頭、お小遣いを貯めて買ったラジカセがきっかけで全米トップ40に夢中になり、
シンガー・ソングライターに憧れ、初めてギターを手にする。

中学3年生の時に仲間と組んだバンドでコンテストに入賞。高校受験を控えつつも、
強く音楽の道へ進むことを志す。1977年春・都立松原高校に入学。
一学年上の”EPO”、二学年上の”清水信之”という、その後の音楽人生を左右する
先輩たちと出会う。デビューを控えた”EPO”とのバンドと並行して、ロックバンド”UGUISS”を結成。
1983年にエピック・ソニーよりデビューする。

解散後、セッション・ギタリストとして、数え切れないほどのレコーディング、コンサートツアーに参加。
高校の後輩でもある”渡辺美里”のプロジェクトをきっかけに、作編曲・プロデュースワークと
活動の幅を拡げ、1991年にギタリストとして参加した”小田和正”の「ラブ・ストーリーは突然に」
1993年に手掛けた”藤井フミヤ”の「TRUE LOVE」1995年の”福山雅治”「Hello」等が
立て続けにミリオンセラーを記録し、クリエイティビティが高く評価される。

1994年には初のソロアルバム「Trust Me」を発表。”桑田佳祐”とのユニット
”SUPER CHIMPANZEE”にて出会った、”小倉博和”とのギターデュオ”山弦”としての活動等、
自身の音楽活動もスタート。

1994年「Trust Me」のエグゼクティブ・プロデューサーでもある”山下達郎”氏のバンドに参加。

1995年”坂本龍一”氏のツアー及び、彼のグートレーベルの作品に参加。

1996年”佐野元春 & The Hobo King Band”に参加。

2000年の”Tin Pan” 再結成ツアー。

2003年エピックソニーレコードの周年イベント「LIVE EPIC 25」の音楽監督。

2007年の”サディスティック・ミカ・バンド”再結成ツアーにも同行。

2014年「佐橋佳幸(祝)芸能生活30周年記念公演 東京城南音楽祭」。

2015年「佐橋佳幸の仕事(1983-2015)~Time Passes On~」をリリース。

2017年には、同世代のクリエイター”亀田誠治””森俊之”との”森亀橋”によるイベントを開催。
盟友”Dr.kYon”氏とのユニット”ダージリン”を母体とした「GEAEGレコード」を発足。
ティンパン&ナイアガラ系のレジェンドから新世代のアーティストまで、
現在進行形・且つ世代を超えたコラボレーションを展開中。

座右の銘は「温故知新」。
愛器はフェンダー・ストラトキャスターとギブソン・J-50。
趣味は読書と中古レコード店巡り。


◇佐橋佳幸|note

https://note.mu/sahashi