artist

神田 寛明 & 小倉 貴久子

神田 寛明 Hiroaki Kanda/トラヴェルソ・モダンフルート
NHK交響楽団首席奏者・桐朋学園大学教授
1991年第5回日本フルートコンベンションコンクールおよび第8回日本管打楽器コンクールにおいて第1位。1992年ソウルにおいてA.ジョリヴェのフルート協奏曲を韓国初演。1993年東京藝術大学卒業。1995年より1年間ウィーン国立音楽大学に留学。2007年東京藝術大学大学院修了。安宅賞受賞。 赤星恵一、金昌国、細川順三、ヴォルフガング・シュルツ、ハンスゲオルグ・シュマイザーの各氏に師事。THE FLUTE QUARTETのメンバー。大阪芸術大学客員教授、東京藝術大学講師としても教育活動にたずさわる。神戸や北京ニコレなどの国際コンクール、日本音楽、日本管打楽器、日本木管、東京音楽、三田ユネスコ、仙台フルート、全日本学生などのコンクールにおいて審査員を務める。アジア・フルート連盟東京常任理事。日本フルート協会特任理事。 これまでに「APPASSIONATA」「モーツァルト・オペラデュオ」など多くのCDをリリース。2018年に音楽之友社より「上達の基本 フルート」を発表。四重奏を中心に二重奏から大編成のものまで60タイトル以上のフルートアンサンブル作品を編曲・出版している。

小倉 貴久子 Kikuko Ogura/チェンバロ・ピアノ
東京藝術大学を経て同大学大学院修了。アムステルダム音楽院を特別栄誉賞つき首席卒業。日本モーツァルトコンクールピアノ部門第1 位。ブルージュ国際古楽コンクールアンサンブル部門及びフォルテピアノ部門で第1 位と聴衆賞受賞。『クラシック倶楽部』『ららら♪クラシック』『ぴあのピア』『カルチャーラジオ 芸術の魅力』などTV、ラジオへの出演も多い。50 点以上リリースのCDの多くが各新聞紙上や「レコード芸術」誌等で推薦盤や特選盤に選ばれている。文化庁芸術祭レコード部門〈大賞〉、ミュージック・ペンクラブ音楽賞 クラシック部門【独奏・独唱部門賞】、JXTG音楽賞洋楽部門奨励賞受賞。著書に『カラー図解ピアノの歴史』(河出書房新社)。校訂楽譜『ジュスティーニ:12のソナタ集』(カワイ出版)、『ソナチネ音楽帳』(音楽之友社)。「小倉貴久子の《モーツァルトのクラヴィーアのある部屋》」全40回完結。第86〜88回日本音楽コンクールピアノ部門の審査員を務める。北とぴあではシリーズ【小倉貴久子と巡るクラシックの旅】を開催中。新シリーズ「小倉貴久子《フォルテピアノの世界》」本年スタート。フォルテピアノ・アカデミーSACLA主宰。東京藝術大学講師。

https://www.mdf-ks.com/