マレー飛鳥 & 林正樹

【マレー飛鳥】 : viloin,viola,voice
4歳からViolin, Piano,作曲を始める。抽象画家である母のスケッチ旅行に同行、自然の中でviolin を好きに弾いて育った。9歳よりジュニアオーケストラに在籍、東京芸大付属音楽高校&東京藝術大学にて学ぶ。高校在学中よりバンド活動を始める。飛鳥ストリングス主宰、アジア擦弦楽団など国際的な活動に幅を広げ、演劇&CM音楽、アーチストへの楽曲提供、日亜混合バンドGaia Cuatroでは2003年より年2回のヨーロッパツアー、2011年から「本・つながる・未来」継続イベント。一方、家庭菜園&Wudang太極拳で心身を整え、プロとして潜在意識のクリアリングも行う。 アルバム28枚。現在の主な継続プロジェクトは、duo with林正樹, 北村聡, Pheeroan Aska project” “A-Un” ‘Gaia Cuatro”

http://www.askaviolin.com


【林正樹】 : piano
自作曲を中心とするソロでの演奏や、生音でのアンサンブルをコンセプトとした「間を奏でる」などのプロジェクトの他に、小野リサ、渡辺貞夫、菊地成孔、マレー飛鳥、徳澤青弦、藤本一馬、akikoなど様々な音楽家とアコースティックな演奏活動を行なっている。多種多様な音楽的要素を内包した、独自の諧謔を孕んだ静的なソングライティングと繊細な演奏が高次で融合するスタイルは、国内外で高い評価を獲得している。三宅純、椎名林檎をはじめ多岐に渡るアーティストのスタジオワークにも数多く参加。2021年2月公開予定の映画「すばらしき世界」(監督:西川美和、主演:役所広司)の音楽を担当。