石井 淳、井上 俊次、大内 秀介、廣幡 敦子、福士 マリ子、依田 晃宣(Fg)、永原 緑(Pf)

[ファゴット]
石井 淳 Atsushi Ishii
千葉県館山市出身。洗足学園音楽大学、北西ドイツデトモルト国立音楽大学卒業。デトモルト音楽大学在学中、デトモルト室内合奏団、ドイツ・バッハ・ゾリステンのメンバーとして、コンサート、FM放送の録音等で活躍。帰国後オーケストラ活動の傍ら、1985年以来たびたびソロリサイタルを開催し好評を博す。また、オーケストラとの協奏曲・協奏交響曲の共演も多い。サイトウ・キネン・オーケストラ、草津国際音楽フェスティバル等に出演。
ミラン・トルコビッチ、トーマス・インデェアミューレ氏と共演する。
ファゴットを故・西川 隆、岡崎 耕治、ヘルマン・ユンクの各氏に師事。室内楽を、ヨースト・ミヒャエルス、ヘルムート・ビンシャーマンの各氏に師事。
現在(公財)神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席ファゴット奏者。洗足学園音楽大学及び大学院講師。


井上 俊次 Toshitsugu Inoue
宮城県に生まれ13歳よりファゴットを始める。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、東京藝術大学卒業。1986年日本音楽振興財団主催の第3回日本管打楽器コンクールで入選。同年新星日本交響楽団に入団。1990年新星日本交響楽団を退団しNHK交響楽団に入団。1998年より文化庁芸術家在外研修員としてミュンヘン音楽大学に留学。2005年NHK交響楽団を退団し、2006年より読売日本交響楽団首席ファゴット奏者として現在に至る。
東京藝術大学、洗足学園音楽大学、桐朋オーケストラ・アカデミー各非常勤講師として後進の指導も行う。
これまでにファゴットを伊達 博氏、三田 平八郎氏、岡崎 耕治氏、E.マーシャル氏に師事。
アミューズ・クインテットメンバー。


大内 秀介 Shusuke Ouchi
京都府京都市出身。13歳よりファゴットを始める。 洛南高等学校附属中学校、洛南高等学校を経て東京藝術大学音楽学部器楽科、同大学大学院音楽研究科卒業。第36回日本管打楽器コンクールファゴット部門第1位及び文部科学大臣賞、東京都知事賞、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団特別賞を受賞。アフィニス夏の音楽祭2018山形に参加。
ファゴットを水谷 上総氏に、室内楽を山本 正治、三界 秀実、和久井 仁、池田 昭子、岡崎 耕治の各氏に師事。
木管三重奏<Trio Cravates>のメンバーとして活動。日本フィルハーモニー交響楽団ファゴット奏者。


廣幡 敦子 Atsuko Hirohata
東京藝術大学音楽学部を経て東京藝術大学修士課程修了。修了時に大学院アカンサス音楽賞受賞。2009年~2011年 小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト及びサイトウ・キネン・フェスティバル青少年のためのオペラに参加。第37回藝大室内楽定期に出演。アフィニス夏の音楽祭2014 山形、2015広島、2017広島に参加。新進演奏家育成プロジェクトにて広島交響楽団とウェーバーのファゴット協奏曲を共演。
これまでにファゴットを東口 泰之、岡崎 耕治の各氏に師事。
広島交響楽団を経て現在、東京フィルハーモニー交響楽団首席ファゴット奏者。明誠学院高等学校特別講師。都立総合芸術高等学校非常勤講師。


福士 マリ子 Mariko Fukushi
東京藝術大学をアカンサス音楽賞を受賞し首席卒業。皇居内桃華楽堂において御前演奏を行う。第27回日本管打楽器コンクールファゴット部門第1位、併せて特別大賞を受賞。第23回出光音楽賞、第24回新日鉄住金音楽賞を受賞。サイトウ・キネン・フェスティバル松本、別府アルゲリッチ音楽祭、東京オペラシティ主催「B→Cリサイタルシリーズ」、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」等に出演。 ソリストとして東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団等と共演。これまでにファゴットを大畠 條亮、岡本 正之、水谷 上総、岡崎 耕治の各氏に師事。
現在、東京交響楽団首席ファゴット奏者。紀尾井ホール室内管弦楽団メンバー。洗足学園音楽大学非常勤講師。


依田 晃宣 Akinobu Yoda
東京生まれ。東京藝術大学音楽学部卒業、卒業時にヤマハ管楽器新人演奏会出演。ファゴットを津田 雄三、吉田 將、岡崎 耕治、岡本 正之の各氏に師事。これまでにセイジ・オザワ松本フェスティバル(サイトウ・キネン・フェスティバル松本)、宮崎国際音楽祭、北九州国際音楽祭等、各地の音楽祭に出演。2019年には、台湾全土にて開催された『台湾コネクション』にゲスト演奏家として招聘された。その他、国内各地のプロオーケストラにも首席奏者として数多く客演するなど、オーケストラ、室内楽奏者として幅広く活動を行っている。藝大フィルハーモニア管弦楽団ファゴット奏者。横浜シンフォニエッタ、アンサンブル東風各メンバー。


[ピアノ]
永原 緑 Midori Nagahara
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、同大学を首席で卒業。在学中、角野 裕氏に師事。第66回日本音楽コンクール最高位。併せて野村賞、河合賞受賞。同大学非常勤講師(管楽器科伴奏助手)を務めた後、アンサンブルピアニストとして国内外の演奏家と共演を重ねている。