MUSICUM Presents【THE PIANO】vol.01

2020年はベートーヴェンが誕生して250周年という記念年。
そこで、MUSICUM Presents【THE PIANO】vol.01では、
ベートーヴェンの三大ピアノソナタをお届けします。

ピアノ演奏の他に、3人の音楽家としての考えや、人となりが分かる、
トーク時間も交えた本公演。
プロピアニストの仕事とは?人生とは?幸せとは?

3人のピアニストたちの、思いをのせたピアノ演奏、リアルなトークの生配信を
ぜひ、お楽しみください!



コンサートプログラム

L.v.ベートーヴェン
Ludwig van Beethoven

ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調 「悲愴」 Op. 13
Piano Sonata No. 8 in C Minor, Op. 13, "Pathétique"

ピアノ・ソナタ第14番 嬰ハ短調 「月光」 Op. 27, No. 2
Piano Sonata No. 14 in C-Sharp Minor, Op. 27, No. 2, "Moonlight"

ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調 「熱情」 Op. 57
Piano Sonata No. 23 in F Minor, Op. 57, "Appassionata"



◆池田怜士(いけださとし)
島根県益田市出身。国立音楽大学卒業。武蔵野音楽大学大学院博士前期課程ピアノ専攻修了。トリニティ・カレッジ・ロンドンにて演奏ディプロマ取得。在学中、フランスやロシアなどのマスタークラスを受講。国際芸術連盟オーディション、東京国際芸術協会新人オーディション合格。アジア国際音楽コンクール優秀賞。ReMusik Piano Lesson主宰。一般社団法人全日本ピアノ指導者協会、日本スペインピアノ音楽学会正会員。ピティナピアノステップアドバイザー。現在後進の指導の傍ら、演奏活動を行なっている。

◆松田祐輔(まつだゆうすけ)
愛知県東海市出身。名古屋市立菊里高等学校音楽科、東京芸術大学器楽科ピアノ専攻卒業。第54回全日本学生音楽コンクール高校の部全国大会第一位。併せて野村賞、都筑賞受賞。名古屋市教育委員会より表彰。第14回吹田音楽コンクール第三位。大学在学中モーニングコンサートにて芸大フィルハーモニー管弦楽団と共演。歌曲伴奏にも積極的に取り組み、第22回奏楽堂日本歌曲コンクール及び、第28回日本ドイツ歌曲(リート)コンクールにて優秀共演者賞受賞。室内楽では第2回ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール第三位。ドイツ・レリンゲン音楽祭にて招聘演奏、好評を博す。
これまでにピアノを佐野翠、笠間春子、多(粕谷)美智子、横山幸雄、野田清隆の各氏に師事。伴奏法を塚田佳男、小林道夫の各氏に師事。
その他多くの著名な音楽家のレッスンを受ける。現在ソロ、声楽伴奏、室内楽のコンサート活動と共に、後進の指導を行う。ヴィブランテ・トリオメンバー。


◆吉田幸央(よしださちお)
神奈川県横浜市出身。国立音楽大学器楽学科ピアノ専攻、同大学大学院音楽研究科を経て、ドイツ国立ケルン音楽大学にてDiplomを取得して卒業。また、オーストリア・イタリア・ドイツ各地でマスタークラスを受講。日本帰国後、横浜・仙台・ケルンの各地でリサイタルを開催し、好評を博す。2012年、ニューヨークで行われた「9.11 風の輪コンサート」に出演。ピアノソロだけでなく、アンサンブルピアニストとしても活躍中。特に声楽の伴奏を主な活動としている。これまでにピアノを佐野幸枝、故 片瀬敬子、渋谷淑子、今井顕、ヴァシリー・ロバノフの各氏に、室内楽を徳永二男、長尾洋史、アントニー・スピリの各氏に師事。YouTubeチャンネル「ピアニスト吉田幸央 Sachio Yoshida」にて動画を定期的に配信している。

注意事項

  • 本公演はインターネットでの公演となります。
  • チケットをご購入頂きましたら、メールが送付されます。メールに視聴手順等が記載されておりますので、あらかじめご確認ください。
  • 視聴に関わるインターネット通信費、回線費等はお客様のご負担となります。
  • 動画配信となりデータ通信量が多くなることが想定されるため、安定したインターネット環境(Wi-Fi等)のご利用を推奨します。
  • 生配信中は、途中から視聴した場合はその時点からのライブ配信となり、生配信中は巻き戻しての再生はできません。アーカイブ配信を実施する場合、生配信終了後に巻き戻しての再生が可能となります。
  • 配信には最善の準備を行い実施致しますが、生配信である特性上、不慮の一時停止や乱れなどが起こる可能性がある点、ご了承ください。